エネルギー

穀物不使用のキャットフード

猫は本来肉食の動物です。
人間は炭水化物でエネルギーを得ていますが、猫は肉や魚といったタンパク質がエネルギー源なのです。

肉食動物である猫は、肉や魚を食べる事で、たんぱく質を摂取して、筋肉や毛、皮膚等にします。
逆にいうと、穀類は本能的にはいらない物質なので、穀類の消化は苦手です。
しかし、多くの安価なキャットフードは、コスト削減の為、トウモロコシや、小麦等の穀類を使用したものが出回っています。
穀類の苦手な猫は、穀類の食べ過ぎによって、消化器官に異常をきたしたリ、皮膚が荒れたり、アレルギーになったりと、体調不良になる可能性が高くなります。
穀物を使用していないキャットフードで猫の体質にあったものは流通しています。
しかし穀物不使用だからと言って、すぐに飛びつくのではなく、冷静に成分表示を確認しましょう。
穀物を入れる理由は、フードを安価に抑える為が主な理由です。
それなのに、穀物不使用にも関わらず、あまりにも安価な製品は、添加物や防腐剤などの不純物が多く含まれている可能性があります。
使用している肉や、魚の名前が明記していないものには注意が必要です。
また、肉類や、魚類、肉副産物や、魚副産物など、類や、副産物でくくってあるものは、動物や、魚の、本来であれば廃棄処分になるもの、内臓や、骨、場合によっては排泄物までもを、添加物などを加えて加工している可能性も否定できません。

良質のキャットフード選びの為には、穀物不必要という言葉の他にも、注意する点があります。
鶏肉、マグロ等、使用している品目の具体名が表記されているものや、無添加のものを選ぶという事も大切です。
飼い主の経済的負担と、価格を照らし合わせて妥当なものを購入することが大切です。
飼われている猫は、自分で餌を選べません。
食事から健康管理ができるのは飼い主なのです。
正しい知識と目で、猫の健康を守りましょう。