エネルギー

キャットフードの進化と猫の健康

昔は猫のエサといえば、猫まんまと言ったように、家庭で飼育する猫は、炭水化物なども頻繁に食べていました。
しかし、実は猫は肉食動物なので、炭水化物のような穀物は消化するのが苦手です。
最近では、猫にはキャットフードを与える愛猫家が増え、猫の寿命も延びて、平均で10年から15年とも言われています。

キャットフードは年齢別に子猫用・大人の猫用・老猫用、または猫の品種別によっても違いをつけたりと多種多様なキャットフードが製品化されて、販売されています。
味もおいしい味付けで、好きなキャットフードと、そうでないものを猫自身が選んだりすることもあるでしょう。
また、栄養バランスも考えられており、年齢、体調、体格の大きさなどに合わせたものも選べます。
しかし、おいしすぎるからゆえの弊害も出ている事も確かです。
おいしく食べてくれるからとついついフードを欲しがるだけ与えてしまうと、人間のように猫も生活習慣病にかかってしまいます。
猫の体調などに合わせて、適切な量を与える事が重要となります。
また、多様なキャットフードの中には、添加物や、防腐剤を使用した猫の体に悪いものや、穀物由来の成分からできているフードも存在します。
猫は肉食なので、肉や、魚をメインにしたキャットフードが適しています。
キャットフードを購入する場合は、成分表示表をきちんと確認して、必要な肉や、魚がメインとして入っているかや、不必要なものが混入していないかをきちんと確認することが重要と言えます。

品質もさることながら、固さや形状など、キャットフードは、日々進化しています。
いかに猫に良いものを与えるかは、飼い主次第とも言えます。
確かな品質で、体に良くないものを含んでいない製品を見つけて、愛する飼い猫に与える事が猫の健康につながります。
フードの進化と共に、猫の寿命も延びてきています。
自分で選ぶことに自信がなければ、人気キャットフードランキングで調べてみるとよいでしょう。 いかに健康なままで長生きできるかが、重要と言えます。
飼い主も猫も健康で長生きして、同じ時を共有したいものです。